「利回り」って?

■不動産投資の「利回り」って?

不動産投資では、よく「利回り」という言葉が出てきます。

言い換えるならば「リターン」。

どのくらい利益になってかえってくるのか、というお話です。

でもこれ、実は2つの意味があって、気を付けないと騙されるかもしれないんですよ。

■表面利回り

まずは、表面利回り。

表面利回りは、不動産の年間家賃収入を、物件の価格で割った数で表します。

表面利回り(%)= 年間家賃収入 ÷ 物件価格 ×100

■実質利回り

表面利回りは、一見すると非常にわかりやすいのですが、実は様々な経費が含まれたままの状態で、純粋な利益にはなっていません。

実際には、不動産投資会社へ委託手数料を払ったり、固定資産税を払ったり、修繕費を払ったりと、結構出費があるんですよね。

それらの経費を全部引いて利回りを計算すれば、実際のリターンがわかるというわけ。

それが、実質利回りです。

実質利回り(%)= (年間家賃収入?この年にかかった経費) ÷ (物件価格+購入時にかかった経費) ×100

ということになりますね。

「利回り20%超え!」なんて文句を見ることがありますが、それだけを見たのでは、表面利回りなのか実質利回りなのかわからないということです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP