雨漏り被害は火災保険対象外

異常気象が常態化している?
矛盾した表現ですが、そんなイメージを多くの人が共有しているでしょう。
であれば様々なリスクに対して保険に入っておきたい!
誰もが思うものです。
もちろんほとんどの家屋には火災保険が掛けられているでしょう。
しかし火災保険で雨漏りは補償されるのか?
ちょっと注意が必要です。

火災保険の種類にもよるし、契約内容如何で状況は異なりますが、一般的に雨漏りが直接原因の損害に関して火災保険は補償の対象外です。何故か?

つまり雨漏りは、集中豪雨や台風が理由!と考えがちですが、そもそも家が老朽化している?
言い換えるなら、台風が来なくても、小雨程度でも雨漏りをした可能性が否めない?
さらに突っ込むと、家を正しく管理していれば雨漏りは生じなかった!と解釈されるためです。

とはいえ台風で何かが飛んできて屋根が壊れた?
もしくは屋根そのものが飛ばされた!
この場合には火災保険の風災に該当します。

火災保険は火事だけではなく多様な損害に対応している!
その多様さが逆に混乱を呼ぶことになっているようです。
家具など大切な資産を守るのが主体であれば、保険契約時に確認しておきましょう。
意外と使えない保険?
多々あるようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP