賃貸でも火災保険に入るのか

アパートやマンションなどを賃貸する際には様々な手続きがあります。
また敷金や礼金など、多くの費用を支払うものです。
それに加えて火災保険へ入る?
そもそも賃貸住宅で火災保険に加入する義務はあるのでしょうか?

もちろん建物に対しては大家さんが火災保険の契約をしています。
しかしこれはあくまでも建物だけの火災保険です。

例えば貴方が賃貸している部屋が火事に見舞われた?
貴方が失火元ではなくても、周りから延焼した!
その場合、貴方の資産を補償してくれるのは誰か?
それが貴方の掛けた火災保険です。
すなわち賃貸時に、流れに任せて署名捺印した?
それは貴方のための火災保険です。
であれば?
人生はギャンブル!
賃貸なら火災保険はいらない!
こんな選択もできるでしょう。

なお燃えてしまえば?
レア物?
二度と手に入らない?
そう考えれば火災保険に意味はない?
一方で隣の家が悪いなら、隣の家に補償させるべし!
ただし火事はお互い様?
昔からの慣習?
民法上は失火元に賠償請求ができない仕組みになっています。

そんなことはおかしい?
とはいえ悪法も法なり!
日本のように木造が密集していれば、延焼が起きて当たり前!
まさかの事態を想定することがまさしく保険なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP