火災保険料に何故差があるか

火災保険の保険料はどのようにして決まるのか?
火災保険に限った話ではないでしょうが、保険料の謎?
案外保険の外交員も知らない?
複雑な計算式があります。
しかし本当にその確率論は正しいのか?
考え出したらきりがないので、直感的に高いかな?
そんな感覚も大切なのでしょう。

とはいえ火災保険における保険料の具体的な算定方法は?
個々の条件によって変わります。
つまり戸建て住宅かマンションなどの集合住宅か?
購入なのか賃貸なのか?
木造か鉄筋コンクリートか?
中古ならば築年数は?
周りに木造住宅が多いか?などが重視されます。

なおほとんどの場合に火災保険の保険料は、住宅購入もしくは賃貸契約時に一括払いしているはずです。
そちらの方が断然お得です!
分割にすると、住宅ローンでもわかるでしょうが、割高です。
ケースによっては倍以上!になるパターンもあるので、注意しましょう。

それは保険会社の戦略だ!
もちろんそうです。
ちなみにインターネット上には、各火災保険の保険料を概算できるサイトがあります。
試してみるとわかりますが、同じ条件であっても会社によって大きな差が出ます。
1.5倍の開きも稀ではありません。
何故か?
そこから保険の迷宮が始まります。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP