火災保険と地震保険とは違う

2011年の東日本大震災で、多くの人が気付いたでしょう。
火災保険と地震保険とは違う!
地震が原因で生じた火事は火災保険で補償してくれる?
否!
これは地震保険の範疇になるようです。
それはおかしい!と思った人は、火災保険の約款を読みましょう。
いわゆる自然災害は、火災保険の対象外なのです。

ならば地震保険に入ろう!
まともな考え方ですが、地震保険は高い!
日本のように地震が頻発する国なら当然でしょうが、火災保険と比べても桁が違う!

火事は毎日どこかで起きています。
消防車のサイレンが鳴らない日はないでしょう。
とはいえ火事は近隣数軒の話?
地震も毎日どこかで起きている!
しかし地震の被害地域は火事とは比較にならないほど広い?
であれば?
保険会社として地震保険の保険料を高額に設定する!
商売上は正しい判断です。

それでも適性に?
補償してくれるなら納得できます。
ただしこれも東日本大震災でわかったでしょうが、地震保険で補償されない?
支払いが遅い!
不満は多々聞かれます。

今後30年以内に70%の確率で南海地震が来る!
こちらは東日本大震災より影響が大きくなる!
そもそもこの確率に意味があるのか?
地震保険に加入すべきか?
まさしくギャンブルです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP