FXとは

FX 確定申告の税金

最近のFXの注目度の高さというのは非常に高いものがありますが、そんなFXで一つ注意しなければならない事があります。それは、FXでの利益は課税対象という点です。いうなれば、副収入のようなものですので、FXでの利益には税金がかかってしまうのです。FXの利益を脱税した、なんてニュースが一時期流れていましたが、それは意図的な脱税ではなく、FXが課税対象だった事をしらなかったという事が大きいでしょうね。
ではどのようにして税金を支払うのでしょうか。一回一回の取引で支払うものなのでしょうか?それはFXでの収益は確定申告を行い、そこで税金を支払うというシステムになっているのです。ですので、年度頭にFXで儲けて、そのお金を年度末までに使ってしまったという場合、少々悲惨な結果待ち受けてしまいますので、FXでの利益はそこに税金がかかるものだという事をしっかりと理解しておかなければなりません。ここがFXの唯一と言っていい面倒な部分と言えるかもしれませんね。しかし、FXが非課税になってしまったら、それこそ金融業界が少々混乱状態になってしまうでしょう。
ですのでFXを行う際には税金のことまで考慮しなければなりません。それが面倒という場合、FXを行う資格が無いという事ですね。

FX 損切りのタイミングとは?

FXは簡単な手順で大きな利益を狙える投として今、非常に大きな注目を集めていますが、FXも投資である以上、そこにはリスクが付きまといます。そんなFXの中でも特に難しい事、それは損切りのタイミングでしょうね。損切りというのは、言うなれば自分の投資が黒字にならない時、つまりは利益になっていない時、いつまでも投資先の動向が上昇するのを待つのではなく、すぐにその投資をやめる、つまりは損を最低限なものにするというものです。ですから、損切りのタイミングが上手い人は、FXでの損失を最小限に食い止める事が出来るのですね。
ですから、損切りのタイミングというのは非常に大事なのですが、そんな損切りのタイミングは、勘などに頼るのではなく、関連銘柄の情報をしっかりと集める事から始めなければなりません。投資は勘などで左右されるものではなく、動向には必ず理由のあるものです。投資先の景気が上向きであれば、投資先の貨幣価値は高くなりますし、その逆もあります。ですので、FXというのはただ運に任せた投資なのではなく、景気動向と密接に関わっている投資だという事を理解し、世界の経済の動向を探る必要があるのです。それが、損切りに限らず、FXで失敗しないコツとも言えるのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP