高度障害と保険

保険に入る時には、どんな病気や事故が保証されているかをしっかり確認する事が大切です。

生命保険の場合には、病気やケガなどが原因で、被保険者が、身体機能を永久に失った時に保証される高度障害保険金というものがあります。

高度障害の受け取り対象になるのは、両眼の視力を永久に失ったもの、言語、またはその咀嚼の機能をまったく永久に失ったもの、両上肢とも手関節・足関節以上で失ったか、またはその用をまったく永久に失ったものなどです。

高度障害保険金の金額は、その症状や重度によっても異なりますが、生命保険金の保証の中でも、かなり金額は高い方だと言えるでしょう。

ただ、高度障害保険金は、国が定める身体障害者福祉法の身体障害者級1級に該当している場合でも、保険会社が定める高度障害症状に該当しない場合には、保証対象にならないので注意が必要です。

また、保険に加入する際に、すでに障害を持っていた場合でも、それ以外の病気やケガが原因で、高度障害に該当する場合には、高度障害保険金を受け取る事が出来ると言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP