選択できるニーズに合う保障

現在、保険の種類が沢山ある中で医療保険のみ、死亡保険のみ、ガン保険のみなど、単体で加入している方も多いです。

ガン保険は原則「ガン」のみを保証の対象にしています。
給付金の種類は会社やがんの種類にもよりますがいずれも「ガン」が原因の時だけに支払われるという所が共通しています。
ガン保険と医療保険の違いはガン保険は「ガンだけの保障が欲しい」方向け、医療保険は「病気やケガに関わらず幅広く入院や手術に備えたい」方向けです。
もちろんガンの保障を充実した医療保険もあります、しかし家族にガンを持っている方がいる家庭の方はガンの話題には敏感です。
ガンは遺伝するという話もありますし、「ガン家系」という言葉もあり、2人に1人はガンになると言われています。
既に加入している生命保険でガン保障があったとしても、もう一つ別にガン保険に加入してる方は多いです。

女性には女性特有のガンがありますので、女性はそういった面を気にする方も多いと思います。
そのため、ガン保険の中には女性向けのプランもあります。

話題の「先進医療」にも対応している保険会社が多く、自己負担が高額になる場合の先進医療もカバーしてくれます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP