終身保険はどんなもの?

保険には、様々な種類がありますが、その中でも、終身保険は、被保険者が死亡、
または高度障害状態になった時に、保険金受取人として、設定された遺族に保険料が
支払われる保険の事です。
終身保険は、単体で契約できるケースが多く、保証期間は一生涯なので、
保険料を払っていれば、確実に遺族が保険金を受け取れると言えるでしょう。
そんな終身保険の支払方法は、全期払い、一時払い、短期払いなどの種類があり、
一生払い続ける全期払いを選ぶ方が多いと言われています。
全期払いは、毎月保険料を払い続けて行く事で、少し金利が高くなっても、万が一、
被保険者が亡くなってしまった場合には、保険料を払いきっていなくても、 保険金が
受け取れるというメリットがあります。
逆に、保険料を1回で払う一時払いは、一括払いの分、金利は無くなりますが、
早く被保険者が亡くなってしまった場合には、全期払いで払わなくて良かった分まで、
先に払ってしまうというデメリットがあると言えるでしょう。
もちろん、保険の入り方や、支払方法だけでなく、保険の種類によって、
家計に与える負担も異なりますから、しっかりと内容を確認してから終身保険に加入するのがオススメです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP