病気があっても保障が持てる

生命保険とは何かあった時、怪我や病気になった際に給付金が支払われます。
持病を持っている方や大きな病気を経験された方は保険内容の更新時などに、制限がかかる場合があります。
制限や条件に付いてはさまざまですが、特約が付けられなかったり、保険料が健康な人より少し高くなったりします。
なぜかというと「持病がある」「病気になった事がある」人は健康な人より、給付金を支払う可能性が高いからです。

年齢とともに病気のリスクは高くなりますので、若くて健康な時は保険に加入出来ても
病気をきっかけに、新たに保険に加入したり見直すのが難しくなってきます。
今は持病を持っている人や過去に病気をした人向けの保険もたくさん出てきました。
通常は保険加入時に健康診断書などの提出が必要になりますが、持病を持っている人や病気をした人は
薬を飲んでいる場合などが多い為、大体が告知で加入でき、いくつかの質問をクリアしていれば薬を飲んでいたり、通院していても加入できます。

やはり中でも「終身保険」が人気です。
一生涯の保証、病気のリスクが大きいと感じる人ほど終身保険を希望します。
病気があるから・・と諦めずまずは相談してみましょう、加入できる保険に巡り合えるかと思います。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP