生命保険契約者保護機構とは

生命保険契約者保護機構をご存知でしょうか。
生命保険契約者保護機構とは、万が一、保険会社が破綻した場合に、破綻保険会社の
保険契約の移転などにおける資金援助や、保障対象保険金の支払いに関わる資金援助を
行う機関です。
基本的に、生命保険会社というのは、被保険者が事故や病気にあったり、死亡しない限り、
保険料を払う事が無いため、破綻する保険会社自体が少ないと言えるでしょう。
ただ、生命保険会社が破綻してしまっても、今まで保険をかけてきた利用者の保険自体が
消滅しないように、一定の契約者保護が行われるのが、この生命保険契約者保護機構だと
言われています。
また、生命保険会社が破綻した場合には、救済保険会社が表れる事もあるのですが、
救済保険会社も無い場合には、生命保険契約者保護機構が破綻保険会社の契約などを
継続する事が出来ると言えるでしょう。
ちなみに、保険会社が破綻した場合には、保険契約の移転が完了するまで、利用者も解約
できないですし、一定期間内に解約する場合も、解約返戻金から、一定の割合の削減される
場合もあるので注意が必要です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP