生命保険は掛け捨てが普通?

生命保険は、掛け捨てになる事が多いのですが、これは普通なのでしょうか。
まず、掛け捨て賭場、保険をかけても、保険期間内に事故や病気にならなかった場合に、
かけたお金が戻って来ないという制度の事で、定期保険は掛け捨てになる場合が多いと
言われています。
健康でいる事が一番ですが、「せっかくかけた保険金が帰って来ないのはムダなのでは?」
と考える方も多いのですが、一概に掛け捨ての保険が損というワケではないようです。
というのも、掛け捨て保険は、毎月の保険料が他の種類の保険に比べて少ない為、
家計の負担になりにくいですし、万が一家計の負担になった場合にも、解約時のデメリットが
少ないのが魅力だと言われています。
終身保険など、貯蓄性の高い保険は解約する事で、解約払戻金が少なくなってしまう事が多いのですが、その点でも、掛け捨ては気軽に加入、解約できるのが一番のポイントだと言える
でしょう。
もちろん、保険期間内に大きな病気などが無ければ、多額の保険金を受け取る事も出来ませんが、掛け捨てだからと言って、全ての人にとって損な保険というワケではないようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP