生命保険は何種類?

生命保険に加入する場合には、保障内容だけでなく、生命保険の種類を選ぶ必要が有ると言えるでしょう。

生命保険は、大きく分けて、定期保険、養老保険、終身保険の3種類が有ります。

まず、定期保険とは、一定期間のみ保障が有効になっている生命保険の事で、基本的には、「掛け捨て」といって、かけた分の生命保険料は、期間が過ぎれば戻ってきません。
ただ,その分、保険の見直しや更新が簡単で、保険料も割安などが魅力だと言えるでしょう。

そして、養老保険とは、保険と貯蓄を兼ね備えた保険の事で、保険料が高い分、保険期間中に死亡した場合には死亡保険金、満期時には、死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるのが特徴です。

さらに、終身保険の場合には、保障期間が一生続くので、何歳で亡くなった場合でも、保険金が支払われ、保険を解約する場合にも、解約返戻金を多目的に利用できるのがメリットだと言えるでしょう。
ただ、終身保険の場合は、毎月の保険料を一生涯払っていかないといけないため、家計への負担も考慮する必要があると言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP