生命保険の解約はどう決める?

生命保険は、保険料や、違う保険への切り替え時などに、解約する方も多いのですが、
生命保険を解約するかどうかは、どんな風に決めたら良いのでしょうか。
自宅訪問の保険の営業マンから、保険の切り替えや、解約を勧められる事がよくありますが、
解約をする事が、必ずしも良い事とは限りません。
例えば、終身保険に加入して、毎月支払いをしている場合には、高齢になるまでに受け取れる保険金よりも高い保険料を支払っているケースが多いので、簡単に解約をしてしまうと、
今までかけた保険料が掛け捨てになってしまいます。
また、一時払いで支払いが終っている保険金の解約も論外で、将来受け取れる事になって
いる保険金を、わざわざ解約する必要はありません。
しかし、受け取れる保険金額が100万円以下の場合や、毎月の保険料の負担があまりにも
大きい場合には、生命保険の解約を考える必要があるでしょう。
100万円程度の保険は、節約をすれば自分で貯める事も可能ですし、生活を切り詰めて、
いつ受け取れるかも分からない保険を払い続けるのは、 ムダになるケースも多いと 言われて
います。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP