所得税と生命保険

生命保険に加入すると、保険料だけでなく、税金にも関係が出てくるのをご存知でしょうか。
まず、保険料を支払う時には、生命保険料控除として、
一定の範囲を所得金額から差し引く事が出来る分、少し税金が安くなります。
そして、配当金を受け取る時にも税金がかかりますし、満期保険金や死亡保険金、
入院給付金などの各種給付金を受け取る時にも、税金がかかります。
個人年金保険の控除対象になる為には、いくつかの条件がありますが、年間払込保険料が、
2万5千円以下なら払込保険料全額、2万5千円以上5万円以下の場合には、
払込保険料×1/2+1万2500円が控除されます。
ただ、これも、年間払込保険料の金額によって大きく異なるため、その点でも、
税金と保険料の関連を考えながら、保険を選ぶ事が大切です。
また、保険料を支払った契約者が一時金として保険料を受け取った場合には、
一時所得扱いになる為、確定申告が必要になると言えるでしょう。
個人年金保険の場合にも、契約者が保険金を年金として受け取れば、公的年金と同じ
雑所得扱いになる為、確定申告が必要になると言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP