出産費用と保険

出産費用は、生命保険でまかなう事が出来るのでしょうか。

日本国内で出産をする場合には、正常な分娩の場合でも、平均的に50万円ほどの費用がかかりますし、入院日数や、実家への帰省交通費なども合わせれば、出産1回につき100万円ほどの費用がかかる事もよくあります。

国からは、出産育児一時金として、42万円が支給される為、少しは費用の足しにもなるのですが、医療保険に加入していると、出産費用も保険でカバーされる事があるそうです。

基本的に、自然分娩の場合には、生命保険金が支給されないのですが、帝王切開や、入院が必要になった場合には、生命保険で保証されるケースが多いと言われています。

また、産科医療保障制度という制度も平成21年から導入されており、自然分娩の場合でも、重度の障害を持った赤ちゃんが生まれた場合には、一時金として600万円に加えて、毎年120万円を20年間、合計で3000万円を受け取れるようになっているそうです。

母子ともに健康でいるのが一番ですが、もし妊娠・出産時に問題があっても、十分なケアを受けられるよう、しっかりと調べておくのが良いでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP