pixta_19512730_M

保険勧誘の上手な断り方

よく家にやってくる保険勧誘の営業。

健康な人なら、保険勧誘の営業が訪問に来るだけでもうっとおしく感じる場合もありますし、出来れば嫌な気持ちをさせないで、やんわりと断りたいものです。

しかし、保険に加入する人が減っている中、営業の人にとっても、新規契約が取れるかどうかは重要ですし、何かと理由を付けて遠回しに断ろうとしても、色々な理由を付けて、保険を販売しようとする人も多いのです。

その為、相手を傷つけないように気を使うよりも、「保険に加入する魅力や必要性を感じないので、今回は遠慮します。」とはっきりと言った方が、営業の人にとっても時間の無駄になりません。

営業の方も仕事でやっているわけですから、断られるのも日常茶飯事ですし、長々と説明した割に成果が得られないよりも、どんどん他に行った方がいいのです。

あまりに営業がしつこい場合には、相手に悪く思われる事を気にするよりも、「しつこいので迷惑です」と一言言えば、それ以降訪問に来なくなると言う事もよくあります。

保険会社に限らず、営業はよくやってくるものですから、こちらもはっきりとした態度を示した方が良いようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP