住民税と生命保険料控除

生命保険にも、色々な種類や制度がありますが、2010年には、生命保険料控除制度が
改正されたので、人によっては、しっかりチェックしないと、ムダにお金を払ってしまっている
場合があるそうです。
改正されたのは、生命保険料控除のシステムで、2012年の1月1日以降の保険契約をした
場合、医療保険や介護保険を対象とした介護医療保険料控除が新設されました。
この改正によって、今までにもあった一般生命保険料控除、個人年金保険料控除とは、
別枠で、所得税最高4万円、個人住民性最高2万8千円を控除することが出来るそうです。
ただ、この改正が行われる前に加入した保険は、控除の対象外になるので、その点でも注意
が必要だと言えるでしょう。
また、この改正によって、今までは安くて保障の内容も良いと言われていた保険も、医療介護
の分野まで考えてみると不十分だったと、気付く場合もあると言われています。
もちろん、保険については、あまり詳しくない方も、保険会社だけでなく、
ファイナンシャルプランナーなど、保険関連の専門家に相談してみるのがオススメです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP