闇金との会話を録音しておく

闇金から逃げるには、やはり警察か弁護士の力を借りるのが一番です。
とは言っても、いずれも証拠がなければ、気合いを入れて動いてはくれません。
そこで、まずはそれを準備する事という事で、何をすればいいのか?

最初に携帯電話の見直しです。
闇金からの取り立ては、必ずと言っていいほど、一度や二度は携帯に掛かって来るもの!
そこで、その会話を録音しておくのは、実に有効的な作戦です。
後で必ずや証拠として役立つでしょう。

ただし、それには、録音機能付きの携帯電話でなければなりません。
スマートホンの場合は、ほぼ100パーセント、録音機能が付帯していますから、そのままでOKですが、従来型のフューチャーフォンをお使いの方は、恐らく、そうした機能のない機種も多いものと思われます。
例えあっても、長時間記録出来ないものも珍しくありませんので、まずはそれをチェックし、対応出来るように必要とあらば、機種変更する事も大切でしょう。

そして、音声での記録が出来たら、それを持参し、弁護士か警察を訪ねます。
先にやはり弁護士の元を訪れるのが賢明だろうと思われます。

弁護士に相談と言うと、多額の費用が掛かるように思われがちですが、単に話を聞くだけなら無料だとか、数千円という法律事務所が圧倒的多数ですから、心配する必要はありません。
もし、それで何万円もの相談料を請求するようなら、そこは正に弁護士会の闇金です。
地元の弁護士協会に訴え、同時に、善良なる法律事務所を紹介してもらいましょう。

そして、そのアドバイスのもと、次なる手段を講じます。
この録音した会話を以下に使うのが効果的かということは勿論ですが、それ以上に、次回はどのような内容に持ち込めばいいかを決め、より一層効力を持つ会話が録音出来るように検討します。
こうして、証拠能力の高い音声がいくつか入手出来たところで、さあ、いよいよ警察へGOです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP