贈与税の問題でも関与できる

■行政書士は贈与税の問題に関与できるのか
法律の改正によって2015年から相続税の課税対象者が増えるようになりました。
本当になったのか?
それは後の統計を調べないと何ともいえません。
つまり相続税を回避するために?
贈与税を工夫するパターンが多々講じられているからです。
とはいえ行政書士は贈与税の問題にも関与できるのでしょうか?
具体的なパターンを探してみましょう。

◆財産目録の作成
行政書士が贈与税に関与するパターンの第一は?
財産目録を作成する場合です。
もちろん死んだ後では贈与できません。
したがって生前に相続財産を調べておくのが賢明です。
なお贈与税が必ずしも得をするとは限りません。
ケースバイケースで比べる必要があります。
そのためにこそ、早めに財産目録を作っておくことが大切なのです。
いつ作るのか?
相続財産や相続家族ができた時です。
寿命の訪れは?
神様にしかわかりません。

◆農地の贈与
行政書士が贈与税に関与するパターンの第二は?
農地を贈与する場合です。
なお実子が農業を継ぐ時には?
農地を贈与しても税金はかかりません。
ただし農地の譲渡に関しては?
地域の農業委員会へ届け出る必要があります。
つまり譲渡契約書を作成します。
その際に行政書士はお手伝いできます。
一方で農業を続けないケースは?
生前であれば贈与税がかかります。
こちらも事前に調べておけば?
面倒な事態を回避できます。

◆相談をする
行政書士が贈与税に関与するパターンの第三は?
第三者的な相談をしたい場合です。
もちろん税務処理は税理士の独断場です。
また遺言書の作成は弁護士でしょう。
しかし相続税と贈与税のどちらにすべきか?
定年が近づくにしたがって考えてしまうでしょう。
歳をとった証拠です。
とはいえ現実の問題があります。
子供に迷惑をかけたくないでしょう。
ならばあらかじめ行政書士に相談するのが得策です。
行政書士でも、税金に関するアドバイスができます。
昨今は広い視野を持ち多様な提案ができる行政書士も増えています。

◆贈与契約書の作成
行政書士が贈与税に関与するパターンの第四は?
贈与契約書を作成する場合です。
現状において1人当たり年間110万円以下の贈与であれば?
贈与税の対象になりません。
しかしその事実を明確にしておかないと?
後々脱税の疑いをかけられるケースがあります。
そこで客観的な証拠を残すために?
贈与契約書を作成することがあります。
公的な契約書類の作成は?
行政書士の重要な仕事のひとつです。

◆身近な相談窓口
贈与税と行政書士は関係ない?
簡単に片付けないで、相談してみましょう。
多くの行政書士は?
行政手続きに関する身近な相談窓口となるように努めています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP