資格の合格に必要な勉強時間

■行政書士の資格合格に必要な勉強時間は
行政書士は、国家資格の中でも難関のひとつです。
合格率は10%に満たないものです。
とはいえ合格している人がいるならば?
勉強のやり方次第で受かるはずです。
では実際に、行政書士の資格試験に合格するには?
どの程度の勉強時間が必要になるのでしょうか。

◆受験日まで
行政書士の資格合格に必要な勉強時間は?
受験日までのトータルで最低300時間と言われています。
平均すれば500時間程度?
もちろん上限はないでしょう。
一発合格できなければ?
さらに勉強時間が求められるでしょう。
では年間300時間とすると?
単純計算で1月当たり25時間?
1週当たり6.25時間!
1日当たりにすると?
1時間弱です。
その程度なら問題ない?
しかし毎日コンスタントに勉強時間を確保できるか?
ここが勝負の分かれ目です。

◆1月当たり
行政書士の資格合格に必要な勉強時間は?
1月当たり最低25時間です。
そう考えれば気楽になるかもしれません。
とはいえ平均的な500時間で計算すれば?
1月当たり42時間です。
一方半年で300時間を確保しようとすれば?
1月当たり50時間になります。
行政書士の受験日は通常10月末です。
お正月に一念発起!
残された期間は10カ月です。
ならば1月当たり30時間?
もちろんこれはあくまでも授業以外!
自習時間のみの話です。

◆1週間当たり
行政書士の資格合格に必要な勉強時間は?
1週間当たり最低6.25時間です。
平日は仕事が忙しいので土日にまとめて勉強すると考えても?
1日3時間で済みます。
家族がいたとしても?
資格を取る!
そう宣言していれば?
そのくらいは確保させてもらえそうです。
カフェや図書館を利用して、2時間集中する。
そして家に帰って夜1時間復習する。
計画的にできるならば?
そんなに難しい話ではなさそうです。

◆1日当たり
行政書士の資格合格に必要な勉強時間は?
1日当たり最低1時間です。
通勤時間はその程度かもしれません。
ならば電車内でもできるでしょう。
また昼休みに集中することも可能でしょう。
さらに飲み会を断り、帰宅前に1時間カフェで勉強する。
すなわち如何にして集中するかです。
なお人間の集中力は、そんなに続くものではりません。
1時間も意外に難しいものです。
直ぐに雑念が入ってきます。
逆にそれが頭の整理を助けてもいます。

◆どうやって時間を作るか
行政書士の資格合格に必要な勉強時間は?
理屈ではわかります。
しかし一番重要なことは?
どうやって時間を作るかです。
もちろん時間は皆平等に1日24時間です。
最もわかりやすのは?
寝る時間を減らすことです。
ただし脳を休めないと?
集中力や記憶力はアップしません。
一方で10分程度の隙間時間を如何に活用できるか?
これが合格への鍵です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP