行政書士問題集の賢い使い方

■行政書士問題集の賢い使い方を知りましょう
行政書士に限らないでしょうが、資格試験対策として重要なことは?
問題集の使い方です。
この使い方如何で合否が決まると言っても過言ではありません。
もちろん的を射た問題集であることが前提です。
では具体的な問題集の賢い使い方はどうなのでしょうか。

◆最新版を使う
行政書士問題集の賢い使い方の第一は?
最新版を使うことです。
もちろん図書館から借りたり古本屋で調達することもできます。
しかし最新版であれば?
試験に関する最新情報が得られます。
また過去問なら直近の問題が付いています。
そこから傾向と対策を探れます。
例えば昨年出た問題は、今年出ません!
なお資格試験は一発合格が基本です。
とはいえ前回失敗したとしても?
今回も最新版の問題集を購入しましょう。
自分に対してやる気と覚悟を示すことが一番です。

◆1回目は流す
行政書士問題集の賢い使い方の第二は?
1回目は流すことです。
わからない問題は?
模範解答を読みましょう。
変に考えるだけ時間の無駄です。
そして解答をノートに書き写しましょう。
この操作が記憶につながります。
同時にテキストの関連ページを参考にして、自分だけのノートを作りましょう。
試験の直前対策として重宝します。
一通り終わったら?
2回目にチャレンジです。

◆ボロボロにする
行政書士問題集の賢い使い方の第三は?
問題集をボロボロにすることです。
もちろんいい加減に扱うのではありません。
常に手が届く範囲に置く!
持ち歩く!
場合によっては分解しても良いでしょう。
つまり通勤電車内では、重くて大きい本を持てません。
単元ごとにばらしておけば?
ポケットに収まります。
いつでも手に取れる!
これが重要です。
なおテキストや問題集には、何も書き込まずきれいに使いたい人もいるでしょう。
性格が現れます。
しかし問題集は、試験が終わったらお役御免!
そういう意思を持つことが?
成果を生みます。

◆系統の違うのを解いてみる
行政書士問題集の賢い使い方の第四は?
系統の違うタイプを解いてみることです。
例えば1冊目の問題集は最低2回解きます。
そしてまだ時間的な余裕があれば?
出版社や著者の異なる問題集を解いてみましょう。
ベストな組み合わせは?
名な専門学校の問題集を複数試してみることです。
専門学校によって視点が違ったり予想問題を作っているので参考になります。

◆勉強スタイルは仕事にも通じる
勉強スタイルは、人それぞれです。
小学校から慣れ親しんだ方法があるでしょう。
また塾で教わったテクニックもありそうです。
それで成功したなら?
それを続けるべきです。
しかし失敗したなら?
潔くやり方を変えましょう。
仕事にも通じます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP