行政書士事務所でアルバイト

行政書士の資格を取得したとしても?
そう簡単に開業できるわけではありません。
もちろんお金があれば?
事務所を構えることは可能でしょう。
しかし無名の未経験者にお客さんが来るか?
ならばまずは経験を積みましょう。
そういう意味では?
行政書士事務所でアルバイト!
それが近道かもしれません。

■何のために資格を取ったのか
行政書士に限りませんが、何のために資格を取ったのか?
または資格を取るのか?
それを明確にしましょう。
勤めている会社に言われたから?
それもあるでしょう。
しかし多くの場合には?
行政書士などのいわゆる士業なら、独立するためでしょう。
小さいながらも自分の城を築く!
そのための苦労は厭わない!
行政書士として生きていくと決めたなら?
それくらいの覚悟が求められます。

■経験を積みましょう
行政書士としての経験を積むには?
行政書士事務所でアルバイトしましょう。
とはいえ簡単にアルバイトが見つかるわけでもありません。
つまり事務所サイドからみれば?
簡単な事務作業だったらパートのおばさんを雇った方が安上がりなためです。
すなわち行政書士の資格を持っている人を、あえてアルバイトでは雇わない!
雇われる側も安いアルバイト料なら?
プライドが許さない!
そんなケースが少なくないようです。
しかし頑張って働けば?
自分の事務所を持った際に取り戻せます。
また行政書士事務所で実践的な仕事に携わることは貴重な経験です。
行政書士同士のつながりが作れたり、個人として信頼されれば?
将来的なお客さんと出会えることもあるでしょう。
損して得取れ!
経験は裏切りません。

■他の事務所でアルバイト
行政書士は、社会にとって不可欠な仕事です。
とはいえ行政書士だけで食べていく?
難しいようです。
多くの行政書士は副業をしている?
もしくは弁護士事務所などと協働している?
複数の士業者が集まって法律事務所などを設立するパターンもあります。
そういう意味では?
弁護士事務所や社労士事務所でアルバイトをする!
お互いウィンウィンの関係が築けるでしょう。
そうやって仕事の幅を広げる!
視野を広げていけば?
実際に自分の事務所を開設した時のメリットは計り知れないでしょう。

■生活のためにアルバイト
行政書士だけでは家族を養えない?
だから別のアルバイトを掛け持ちしている?
そんな寂しいケースも稀ではありません。
とはいえお客さんが来なければ開店休業状態は続きます。
地道な営業活動を続けつつ、生活のために他のアルバイトをする!
背に腹は代えられない?
それでも行政書士として成功する自分をイメージすれば?
辛いことも乗り越えられるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP