行政書士を名乗る詐欺に注意

インターネットやスマホは便利ですが、便利の裏にはトラブルが少なくありません。
昨今増えているのは?
メールを送りつけてくるパターンです。
単なる迷惑メールなら放置できますが、行政書士などを名乗ってくると?
一般の人は簡単に詐欺事件へ巻き込まれてしまうようです。
つまり行政書士を名乗る詐欺に注意!
自分が当事者とならないようにするためにも?
いくつかの事例を知っておきましょう。

■トラブルを解決します
行政書士を名乗る人から直接メールの届くことがあります。
例えば「あなたに○○会社から請求があります。
放置していたので金額が膨らみました。
しかし私がトラブルを解決してあげますので、下記をクリックしてください」など。
心配してクリックすると?
もっと悲惨な状態に!
行政書士の有資格者ならわかるでしょうが、お願いされていない不特定多数の人に対して行政書士がメールすることはないでしょう。
原則としてそれは詐欺!
そのようにお客さんなどへ伝えてあげましょう。

■行政書士の無料相談サイト
スマホで遊んでいたら?
いきなりアダルトサイトへ接続された!
高額料金の請求画面が表示された!
こちらも近年は増えているようです。
そこで心配になり、無料相談サイトを検索したら?
ヒットしたのが行政書士事務所!
そこをクリックしたら?
親切そうに「話を付けるので、手付金5万円を次の口座に入金してください」
とはいえ振り込んでしまうと?
そのままドロンと消えて連絡がとれなくなる?
カモだと思われて
「ブラックリストから外すので、さらに5万円入金してください」
詐欺がエスカレートしていきます。

■無料セミナーのお誘い
行政書士を名乗る人から、無料セミナーのお誘いメールが来た?
内容が面白そうだったので、参加してみることにした。
実際に聞いてみて、怪しいところはない?
ところが後日?
どんどんメールが来るようになった。
それは迷惑メールの一種だから放置しても問題ありません。
しかし段々不安を煽るようになってきた?
無料セミナーは詐欺目的の名簿作成用に開くこともあります。
つまり誘いに乗りやすい人を集めているのです。

■行政書士にできること
このような詐欺を防ぐには?
行政書士にできること!
一般の人への啓蒙が大切です。
基本的に行政書士は業者との対応ができません。
それは弁護士の仕事です。
行政書士はあくまでも書類作成だけです。
サービスだから?
甘い言葉に乗ってはいけない。
それこそ詐欺士の思う壺です。
そういうことを多くの人に認知してもらう努力が?
行政書士の側からも積極的に求められるのでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP