行政書士の潜在需要は大きい

■行政書士の潜在需要は大きい
行政書士に対する需要はどの程度あるのか?
根本的な疑問がありそうです。
行政書士で儲かるのは一握り?
そもそも需要がないのでしょうか?
合格者が少ないのも、現実の需要を反映しているのか?
疑いたくもなります。
とはいえ経済学によれば?
需要は作るものでもあるようです。
ならば行政書士の潜在需要は大きいのかもしれません。

◆担当業務が幅広い
行政書士の潜在需要は大きい?
第一に担当業務が幅広いことです。
契約書の作成。
相続問題。
離婚相談。
在留資格の取得。
交通事故後の対応。
クーリングオフ代行。
行政書士ができる業務をあげていくと?
きりがありません。
もちろん弁護士ほど華やかな仕事はできないかもしれません。
しかし巷に溢れるトラブルのほとんどを行政書士なら担当できます。
まさしく新しい需要を開拓していけば?
無限の可能性を秘めている世界でもあります。

◆開業者が多い
行政書士の潜在需要は大きい?
第二に開業者が多いことです。
毎年数え切れないほどのお店が開業し、会社が起業されています。
それぞれには手続きが必要です。
行政書士には、そのお手伝いができます。
もちろん景気の変動に左右されます。
しかし開業者がゼロになることはないでしょう。
時代の流れを的確に把握できれば?
次はどの業種が増えそうか?
見えてくるでしょう。
それを掘り起こしていけば?
鉱脈を引き当てるかもしれません。

◆外国人が増える
行政書士の潜在需要は大きい?
第三に外国人が増えていることです。
こちらも景気や海外情勢が大きく反映してくるでしょう。
しかし政府が鎖国政策を採らない限り?
外国人の流入は止められません。
少子高齢化を考えるなら?
外国人労働者を避けては通れません。
移民の受け入れも?
将来的には不可避でしょう。
純粋な日本人?
拘るべきではないのでしょう。
つまり行政書士が担当できる在留資格関連の仕事が、今後は急増するでしょう。

◆知名度が低い
行政書士の潜在需要は大きい?
第四に、意外でもないでしょうが、行政書士自体の知名度が低いことです。
世間に行政書士が知られていない可能性があります。
行政書士と接することなく一生を終える人も少なくありません。
面倒な作業を自分達でしている人も多いのでしょう。
それを行政書士が手伝えるのです。
知名度を高めれば?
仕事は増えていくでしょう。

◆独占業務が減る
行政書士の潜在需要は大きい?
社会が複雑になれば?
できる仕事は増えるでしょう。
士業間の垣根が低くなり、独占業務が減るかもしれません。
もちろんそれは自分達にも脅威です。
しかし需要が広がる!
そう思った人は?
成功できるタイプです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP