行政書士の平均年齢は何歳か

■行政書士の平均年齢は何歳くらいなのか
行政書士は平均年齢が高い!
そんな話を耳にします。
これは公務員を定年退職した後に開業するケースが多いからです。
もちろん若い有資格者もいます。
とはいえ経験が物を言う世界でもあります。
そこで行政書士の平均年齢について、様々な点から見ていきましょう。

◆全体の平均年齢
行政書士の全体的な平均年齢は?
すべてを合わせると、55歳前後になるようです。
これはもちろん公務員定年退職組が多いためです。
彼らの中には?
精力的に働く人もいるでしょう。
しかし肩書きとしてとりあえず看板を掲げている?
そんなケースもあるようです。
そういう意味では全体的な平均年齢を求めても?
現実を表していないのかもしれません。
そもそも平均というものさしは?
使い方次第で、どうとでも誤魔化せるものです。

◆受験時の平均年齢
行政書士の受験時における平均年齢は?
30歳前後になるようです。
もちろん学生時代に資格試験を受ける人もいます。
しかし就職後に、何か資格を取ろう!
もしくは会社で薦められたケースがあるかもしれません。
弁護士は中途から受けられるほどの簡易さはありません。
とはいえ技術系ではなく法律関係を目指すなら?
司法書士か行政書士になるのでしょう。
仕事が安定して落ち着いた年齢を考えると?
30歳がひとつの転機かもしれません。

◆開業時の平均年齢
行政書士の開業時における平均年齢は?
30歳代後半になるようです。
もちろん資格試験に合格して、直ぐ開業するケースもあるでしょう。
しかし社会経験が求められる仕事でもあります。
20歳代では?
信用力が高くなさそうです。
一方で独立開業するならば?
相応の資金が必要です。
そういう意味からも?
30歳代後半になってしまうのでしょう。
なお40歳代で失敗すると?
転職は難しいでしょう。
開業は人生最後の決断かもしれません。

◆活躍できる平均年齢
行政書士として活躍できる平均年齢は?
40歳代になるようです。
つまり開業して数年は?
お客さんを集めるのが大変です。
軌道に乗るまで平均して3年はかかるでしょう。
そうすると社会情勢も理解できる?
世間的にも一人前の社会人になった!
外見からも大人に見えてくる?
40歳代が、一番脂の乗った年代になるのでしょう。
言い換えると40歳代で活躍できないと?
その先も行政書士として続けていけるのか?
不安もよぎる年代です。

◆平均に引きずられてはいけない
行政書士の平均年齢は、案外高いものです。
とはいえ平均に引きずられてはいけません。
現実的に社会を見回すと?
40歳代や50歳代が頑張っています。
これから行政書士になろうか考えている人は?
50歳を迎えた時の自分をイメージしてみると、良さそうです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP