行政書士の効率的な営業方法

■行政書士の効率的な営業方法とは
どんな専門家やプロフェッショナルであっても?
お客さんが来なければ仕事になりません。
もちろん本業の技を磨くことも重要です。
しかし行政書士として独立するためには?
効率的な営業方法が求められます。
例えばどんな方法があるでしょうか。

◆ウェブサイト
行政書士の効率的な営業方法とは?
今の時代です。
ウェブサイトを立ち上げましょう。
開業資金に余裕があれば?
初めにしっかりと構成されたものを作りましょう。
専門業者にお願いして、検索でヒットしやすいように設定しましょう。
なおトップページは余りごちゃごちゃしない方が良いでしょう。
また当人の顔写真があると?
親近感が湧くかもしれません。
昨今は減りましたが、重たいサイトは?
直ぐに飛ばれてしまいます。

◆口コミ
行政書士の効率的な営業方法とは?
時代を問わず口コミは重要です。
もちろんネット上の口コミサイトもあります。
しかしより確実なのは?
お客さんを経由した口コミです。
行政書士として真面目に仕事をしていれば?
知人に紹介してもらえるでしょう。
評判が高まれば?
友達の環が広がっていきます。
とはいえあまり有能すぎると?
自分の仕事をしてくれない!
そう僻まれて他人や他社を紹介してくれないパターンもあります。
逆にそうなってくれれば?
嬉しいものです。

◆広報誌
行政書士の効率的な営業方法とは?
市区町村が出す広報誌に広告を掲載するパターンもあります。
行政書士だけに、仕事へ直結しそうです。
なお役所の広報誌に載るということは?
ある意味で公正な法人である証明です。
納税しているか?
犯罪歴はないか?
条件が問われることもあるからです。
一方で地元の無料情報誌もバカにできません。
案外見る人は見ています。
さらに求人広告を出しておくと?
繁盛している?
知名度アップにつながります。

◆異業種交流会
行政書士の効率的な営業方法とは?
異業種交流会に参加することです。
結局のところ、行政書士は、人とのつながりです。
それを考えるなら?
人の集まる場所へ積極的に顔を出すことでしょう。
もちろん無料の講演会に出まくるものよいでしょう。
しかし無料の会合に来る人は?
すべてではないでしょうが、金払いがよくありません。
高額のセミナーに出られる人ほど、お金を持っている?
行動力のある証拠です。

◆やっぱり足で稼ぐ
行政書士の効率的な営業方法とは?
やっぱり足で稼ぐことです。
外回りをすることで、地域の問題点がわかってきます。
そこからターゲットが見えてくるかもしれません。
電話番は家族もしくは専門のサービスに任せましょう。
名刺をもって御用聞きを始めましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP