行政書士の具体的な仕事内容

■行政書士の具体的な仕事内容とは
行政書士と言われても、素人にはわかりづらいものです。
もちろん一生行政書士のお世話にならない人もいます。
それが幸せかどうかは別問題です。
しかしいろいろなことを知っていると?
まさかの際に役立つこともあるでしょう。
では行政書士の具体的な仕事内容とは、どんなことなのでしょうか。

◆営業の許認可申請
行政書士の仕事内容は?
第一に営業の許認可申請です。
具体的には風俗業を始める際、多くの申請書類があります。
例えば風俗業を営むためには?
お店を構える場所がある都道府県から営業許可を得る必要があります。
とはいえ都道府県の窓口によって対応がマチマチのことがあるようです。
もちろん役所は事務的に受け付けます。
しかし風俗業と聞いただけで?
違和感を心に抱くケースもあるでしょう。
そんな場合でも行政書士は、淡々と作業を進めます。
期日どおりに、許認可を得てくれるでしょう。

◆在留資格の取得
行政書士の仕事内容は?
第二に在留資格の取得です。
具体的には外国人従業員のビザ更新などがあります。
大学教授や会社の役員などであれば信用があるのかもしれません。
一方小さな工場で働いている外国人であれば不法就労者か?
周りからの偏見がありそうです。
もちろん行政書士にも得意分野があります。
しかし在留資格関連を専門とする行政書士であれば?
速やかに対応して、スムーズにビザを更新してくれるでしょう。

◆著作権利用契約書の作成
行政書士の仕事内容は?
第三に著作権利用契約書の作成です。
ネットが進化するこれからの時代に不可欠な分野です。
もちろんライバルとしては弁護士や司法書士などもいるでしょう。
しかし書類作成という点に関しては、行政書士が秀でています。
こちらも専門分野とする行政書士にお願いすれば?
著作権や知的財産権の面倒な利用許諾などがスムーズに得られるでしょう。
後々のトラブルを避けるなら?
最初が肝心です。

◆相続関連業務
行政書士の仕事内容は?
第四に相続関連業務です。
もちろん遺言の管理は弁護士にお願いすべきです。
相続税の計算は税理士の担当です。
一方で行政書士は?
財産分与の際に欠かせない相続関係説明図や財産目録、そして遺産分割協議書などを作成できます。
これらの書類が正確にできているか?
それによって後の財産管理に大きく影響します。
ここでも相続関連を専門とする行政書士に依頼しましょう。
親族間の和が取り戻せます。

◆仕事内容は多岐にわたる
行政書士の仕事内容は多岐にわたっています。
そのため何か心配事があれば?
近くの行政書士に相談してみましょう。
様々なヒントが得られるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP