行政書士の企業からの評価は

■行政書士は企業からどう評価されているか
士業としてはちょっと地味に思われてしまうのが行政書士です。
とはいえ個々の仕事は堅実です。
また地味だからこそ?
しっかりとした結果を残せるのも事実でしょう。
ならば実際に、行政書士は企業からどのような評価を受けているのでしょうか。

◆中小企業では重宝されている
行政書士が受ける企業からの評価は?
第一に、中小企業では重宝されています。
もちろん中小企業において直接雇用されているケースは少ないでしょう。
すなわち顧問として?
もしくは何か問題が生じた際!
気軽に相談できる相手として頼りにされています。
企業によって様々な専門性があるでしょう。
その分野に強味を持つほど?
行政書士に対する評価は上がります。
一方でお店の立ち上げ時から担当しているパターンもあります。
ある意味では同志として思われているかもしれません。

◆万相談所
行政書士が受ける企業からの評価は?
第二に、万相談所です。
もちろん何らかの行政書類を作成する際は当然です。
一方でまだ実際の手続きまでには至らないけど?
どうするか企業が迷っているケースもあるでしょう。
場合によっては当該企業の将来を左右する決断かもしれません。
そんな時に行政書士は幅広いアドバイスができます。
第三者的に社会情勢を判断できるのが行政書士のメリットです。
つまり法律を知るほど、法の裏が見えてきます。

◆ちょっと物足りない
行政書士が受ける企業からの評価は?
第三に、ちょっと物足りない?
帯に短し襷に長し!
そんなイメージもあるようです。
つまり弁護士ほど法的な活動はできません。
一方会社で雇うほどの仕事量はない?
外部顧問的な立場が丁度良いのでしょう。
そういう意味でも複数の企業から顧問契約を受けることが行政書士自身にとって重要です。
相応の働きができれば?
多くの企業を紹介してもらえるでしょう。
物足りなさを埋める努力をしましょう。

◆経験者なら即戦力
行政書士が受ける企業からの評価は?
第四に、経験者なら即戦力です。
もちろん資格取得者は活力があるので、若い方が有利かもしれません。
しかし世知辛い昨今では?
悠長に企業が社員を育てられる状況にありません。
そういう意味で今の若者を歯痒く思っているでしょう。
そんな中で豊富な経験を有する行政書士なら?
トラブルを直ぐに解決してくれるでしょう。
コミュニケーション力には長けているからです。
こんな行政書士有資格者こそ?
企業が求める人材なのかもしれません。

◆評価は悪くない
行政書士が受ける企業からの評価は?
相対的には悪くありません。
今後の社会情勢を的確に判断できる能力を有する行政書士ほど?
さらに評価は高まっていくでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP