pixta_15120385_M

行政書士に相談できる事例は

■行政書士に相談できる事例には何がある
行政書士に相談できる事例には、どんなものがあるのでしょうか。
最も一般的なのは?
お店を開業する際の諸手続きです。
また遺産相続関係も行政書士に相談できます。
さらに外国人の在留資格に関しても行政書士の管轄です。
とはいえもっと事例はあるでしょうか。

◆離婚問題
行政書士に相談できる事例には?
離婚問題があります。
もちろん裁判になれば?
弁護士の担当です。
しかし協議離婚や慰謝料の請求に際して相談できることがあります。
例えば離婚相手に内容証明郵便を出す時の相談があります。
相手に対して効果的かつ裁判の資料になるようなポイントを押さえてくれるでしょう。
また財産分与に関する行政書類、公正証書のお手伝いも可能です。
慰謝料や養育費の督促通知書などもあります。

◆交通事故後の相談
行政書士に相談できる事例には?
交通事故後の相談があります。
テレビCMを見る限り、損害保険会社のサポート体制は充実しているように思えます。
しかしそれはあくまでも加入者である加害者の立場においてです。
案外被害者へのケアは疎かです。
怪我をしたり物が壊れた場合でも?
直接的で明確な被害の他は?
あっさりと切られてしまいます。
数日してから後遺症が現れても?
医師による詳しい診断書がなければ?
まず認められないでしょう。
そうした際には行政書士に相談してみましょう。
きっと力になってくれるでしょう。

◆クーリングオフの代行
行政書士に相談できる事例には?
クーリングオフの代行があります。
訪問販売員に居座られ、根負けして契約させられる!
事例が絶えません。
もちろん家に上げない!
毅然とした態度をとる!
場合によっては警察を呼んでも良いでしょう。
しかし根負けする人は?
それができないのです。
契約してから後悔します。
そんな際には行政書士に相談しましょう。
クーリングオフを代行してくれます。
専門の行政書士ならば?
スピーディに解決します。

◆退職勧奨のケース
行政書士に相談できる事例には?
退職勧奨のケースがあります。
つまり会社側かから給与の大幅減額!
正社員から契約社員への身分変更!
休日出勤や残業の強制!
無茶な部署異動!
セクハラ・パワハラ・マタハラ!
様々な理由を付けて暗に退職を迫ることです。
もちろんそんな会社で働くべきではないでしょう。
しかし泣き寝入りはいけません。
こんな時にも行政書士と相談しましょう。
適正な退職金や示談金を得ることができるでしょう。

◆小さなことでも相談しましょう
行政書士に相談できる事例は?
千差万別です。
こんなこと?
小さなことでも独りで悩まない!
まずは相談してみましょう。
自分が思っているより?
大きな事件かもしれません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP