行政書士に相応しい年齢とは

■行政書士に相応しい年齢はあるか
どんな職業であっても、相応しい年齢があるでしょう。
例えばサラリーマンは?
仕事に慣れた30歳代辺りが最も充実して、典型的なサラリーマンになれるのかもしれません。
ならば士業においても相応しい年齢があるはずです。
例えば行政書士はどうなのでしょう。

◆行政書士の下限年齢
行政書士は国家資格です。
資格試験を受けるに際して下限年齢はありません。
平等という意味では、当たり前なのかもしれません。
例えば小学生でも受験可能です。
実際に中学生でも合格者がいます。
もちろん未成年者が行政書士の資格をとってどうなるか?
高校生でも開業できるのか?
疑問は多々あります。
しかし社会に興味を持つという点では、好ましいことです。
専門業は経験を積むことが成功への鍵です。
ならば若い時の苦労は宝物です。

◆行政書士の上限年齢
一方で行政書士の資格試験を受ける際に上限年齢もありません。
基本的に行政書士を開業すれば定年はありません。
老後に細々と仕事をすることも可能です。
中でも公務員としての行政事務経験が20年以上あれば?
行政書士の資格が得られます。
このコースから行政書士を開業する人も多いようです。
行政書士という業務内容を鑑みれば?
事務系公務員こそ仕事相手なのです。
蛇の道はヘビです。

◆行政書士の平均年齢
実際に行政書士の平均年齢はどのくらいなのでしょうか。
あまりテレビでも活躍しないので、実感が湧きません。
調べてみると?
現状において行政書士の平均年齢は50歳代後半とされています。
案外年配の人が多いみたいです。
この理由として?
先に上げた公務員経験者からの転進が大きいようです。
定年を機に開業する!
こんな人たちが増えれば?
自ずと平均年齢は上がるでしょう。

◆行政書士の開業年齢
具体的に行政書士を開業する年齢は、どのくらいなのでしょうか。
もちろん60歳前後で開業する人たちもいるでしょう。
一方で若い間から行政書士を目指した場合には?
社会人としての経験もある程度積んできた40歳前後になるのかもしれません。
若すぎてもお客さんが来てくれないでしょう。
古い考え方と言われそうですが、若い間は他人の下で経験を積むのがベストです。
特に行政を相手に働くので、若さ故の奇抜さは?
通用しないでしょう。

◆行政書士の相応しい年齢
様々なことから考えてみて、行政書士に相応しい年齢は、いくつくらいなのでしょうか。
経験が大切!
この点から鑑みれば40歳以降でしょう。
すべてを知り尽くした60歳位なら?
信頼感が出るかもしれません。
とはいえ未だ小回りが利き行動力が衰えていない50歳代!
やっぱり現状の平均年齢に落ち着くのかもしれません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP