行政書士に求められる研修は

■行政書士に求められる研修とは
行政書士の資格を取得した!
直ぐに開業するか?
それとも機が熟すまで待つか?
様々な戦略がありそうです。
とはいえ独立するならば?
日々勉強を続ける必要があります。
その気がないなら?
独立開業は止めましょう。
つまり資格取得後は様々な研修を受けて、自己研鑽に励むべきです。
そこで具体的な行政書士に求められる研修について考えてみましょう。

◆基本的になし
行政書士に求められる研修とは?
基本的にはありません。
他の士業では、修習や関連事務所での研修が義務付けられているでしょう。
しかし行政書士の場合には?
資格を得たら即開業できます。
そういう意味で行政書士とは?
年齢に関係なく受験でき、また活用できる即効的な資格です。
既に十分な知識があると認められたから資格を得たのです。
言い換えるなら?
看板を掲げれば一人前のプロとみなされます。
覚悟を決める必要があります。

◆実地研修
行政書士に求められる研修とは?
実地研修があります。
もちろん義務ではありません。
どこかの行政書士事務所で働かせてもらうことです。
これは独立開業のためには是非やりたい方法です。
とはいえ簡単に実地研修を受け入れてくれる事務所はありません。
どこの事務所も、人は欲しいけどお金はない!
アルバイト以下の賃金で?
ブラックバイト的な作業をさせられるケースもあります。
それでも将来のことを考えれば?
プラスになることの方が多いでしょう。
人の役に立ちたいなら?
苦労は買ってでもすべきなのです。

◆セミナー
行政書士に求められる研修とは?
都道府県の行政書士会などが主催するセミナーもあります。
例えば独立開業に向けたセミナーを開催するケースがあります。
さらに相続や貿易など個別の業務に特化した研修会を設けるパターンもあります。
行政書士会に加盟していれば?
何らかのお誘いがあるでしょう。
逆にアンテナを張り巡らして?
知識の習得と併せて、人脈拡大にも利用したいものです。

◆特定行政書士への研修
行政書士に求められる研修とは?
特定行政書士になるための研修があります。
これは平成26年の法律改正により始まる研修です。
すなわち行政書士に不服申立の代理権が付与されたからです。
なお現状の資格試験では?
この分野の学習が欠けています。
そのため代理権が行使できる特定行政書士となるためには?
追加の研修が必要になるのです。
詳細は各都道府県の行政書士会に問い合わせてください。

◆毎日が研修です
行政書士に求められる研修とは?
毎日の仕事こそが研修です。
資格を得ただけで安心したり驕ってはいけません。
いつも謙虚に学ぶことが?
業務拡大につながります。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP