行政書士に就職先はあるのか

■行政書士にはどんな就職先があるのか
新卒者の就職活動が複雑になっています。
とはいえそれだけ頑張ったのに?
昨今の若者は3年以内に3割が辞めるとか?
この理由として?
仕事に対する明確な目標がないこともあるようです。
おもしろくないから辞める?
ならば行政書士という明確な目標を達成した人には?
どんな就職先があるのでしょうか。
未来は拓けてくるのでしょうか。

◆行政書士事務所
行政書士に就職先はあるのでしょうか?
例えば行政書士事務所です。
将来的に行政書士で稼ぐと考えたら?
経験を積むのが一番です。
行政書士の現場に接すると同時に現実を知ることができるでしょう。
とはいえ行政書士事務所で正社員として働くのは?
難しいかもしれません。
つまり行政書士事務所として生き残ること自体が難しいからです。
他人を雇っている余裕がないからです。
運良くてアルバイト?
就職先と言えるのでしょうか。

◆大手企業
行政書士に就職先はあるのでしょうか?
例えば大手企業です。
大手企業ならば様々な行政手続きをする機会があるでしょう。
契約書を作ることも多いでしょう。
とはいえ自分達のための手続きをするならば?
わざわざ資格は要りません。
社内の人材を育てればよいだけです。
もちろん昨今はそんな余裕がなくなっているのも事実です。
そのため経験豊富な行政書士なら?
大企業は中途採用の就職先として?
可能性はあるようです。

◆中小企業
行政書士に就職先はあるのでしょうか?
例えば中小企業です。
とはいえ中小企業ならば本業に関係ない社員を雇う経済的な余裕がなさそうです。
そのため中小企業では?独立開業している行政書士を顧問として契約するパターンが多いでしょう。
ただし建築や不動産関連で少し大きな会社であれば?
行政手続きの専門家を採用するケースがあります。
行政書士として活躍していきたいなら?
そんな中堅企業がお勧めです。

◆士業系事務所
行政書士に就職先はあるのでしょうか?
例えば他の士業系事務所です。
弁護士事務所の場合には?
業務が被る部分は多いでしょう。
一方で司法書士や社労士、税理士事務所などでは?
職域を補えるパターンが少なくありません。
お互いに顧客を広げるチャンスにもなります。
独立を目指している者同士です。
切磋琢磨し合えるのでベストかもしれません。

◆就職活動は駆け引きです
行政書士に就職先はあるのか?
逆に資格を持っていると?
将来的に独立されるのでは?
疑われてしまい採用されない可能性もあります。
あえて隠すのも悲しいですが、履歴書はどこまで正直に書くべきか?
就職活動は、自分を売るための駆け引きでもあります。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP