行政書士なら簿記を学ぶべき

どんな職業でも同じことでしょうが、多様な知識があると?
仕事の幅が広がり作業効率も高まるようです。
お客さんに対しても、専門外の業が示せると?
信頼性はアップするでしょう。
では行政書士が持っているべき能力とは?
例えば簿記の知識!
もしくは資格があると?
行政書士の実務上、意外なほど重宝するようです。

■事務の基本は簿記
行政書士を含めて事務系の仕事をしていれば?
数字を扱うことが多々あります。
またお客さんからの相談には?
経営状況に関するものもあるでしょう。
逆に数字がわかれば?
お客さんへ新たな提案ができるものです。
そこから信頼関係が生まれる?
稀ではありません。
なおここでいう数字とは、貸借対照表や損益計算書など帳簿系のことです。
つまり簿記の知識があれば?
仕事がスムーズに進むでしょう。
反対に簿記の知識がなければ?
意外な盲点で躓く?
お客さんからすれば、簿記ぐらい知っているよね?
当たり前という感じで接してくるかもしれません。
そんな際にも慌てないように?
事務の基本は簿記!
行政書士であっても、それくらいの心構えが必要です。

■簿記の資格を取るべきか
では実際に簿記の資格を取るべきなのでしょうか?
もちろん資格を持っていれば?
営業に役立つでしょう。
名刺に簿記資格アリ!
記載があれば?
会話のネタにもなるでしょう。
簿記の勉強をする際にも、目標があるとやる気は出ます。
そのため資格取得を目指すのも一法です。
とはいえ目的を間違えないように?
あくまでも知識を得るのが第一です。
自分の本業は行政書士です。
本業に支障を来たさない範囲で、簿記の資格を取るべきか?
考えましょう。

■簿記は難しくない
簿記の資格は、それほど難しいものではありません。
商業高校を卒業すれば?
簿記3級は取れます。
社会人であれば?
もう少し上も狙えるでしょう。
とはいえ日商1級は難しい?
それでも簿記の原理、特に勘定科目の分類が納得できれば?
理解しやすいものです。
税理士や会計士でなければ直接の経理指導はできませんが、地道に勉強していけば?
お客さんの相談には乗れるようになるでしょう。

■行政書士なら簿記を学ぶべき
世の中が複雑になると、専門化が進みます。
この手続きはこの資格所有者しかできない!
そんな線引きもあります。
ならば多様な資格を有していた方が仕事はしやすくなるでしょう。
お客さんとしても、ひとつの事務所ですべてのことができれば?
二度手間にならず嬉しいものです。
そんな便利な行政書士事務所があれば?
口コミで依頼が増えるでしょう。
そういう意味でも?
行政書士なら簿記を学ぶべきです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP