行政書士なら一般科目が重要

■行政書士なら一般知識の科目が重要です
行政書士の受験科目には「法令」と「一般知識等」があります。
法律関係は、行政書士という資格を考えれば当たり前でしょう。
これがなければ仕事はできません。
一方で侮りがちなのが、一般知識科目です。
内容としては高校の社会レベルです。
しかし大人になれば?
忘れている人も多いでしょう。
行政書士を受けるなら、一般知識が重要です。

◆試験科目だから
行政書士の受験で一般科目が重要な理由は?
もちろん試験科目だからです。
試験科目を勉強せずに受験する人はいません。
受ける側が判断することではないのです。
そのため文句を言わずに覚えましょう。
とはいえ社会情勢は日々変化しています。
テキストや過去問のチェックも大切ですが?
毎日テレビを観たり新聞を読む習慣を付けましょう。
意外なヒントがニュース番組に隠れていることもあるようです。

◆社会で仕事するから
行政書士の受験で一般科目が重要な理由は?
社会で仕事をするからです。
自分が働く環境を理解しなければ?
仕事になりません。
これは広い意味で考えると?
法律関係の専門分野も含まれます。
もちろん一般科目を基礎にして専門科目があるのでしょう。
しかし逆も真です。
法律の先には?
一般事象が潜んでいます。
世の中を知らずして専門用語を吹聴しても?
誰も反応してくれません。
独りよがりの政治家と同じではいけません。

◆読解力が求められるから
行政書士の受験で一般科目が重要な理由は?
読解力が求められるからです。
法律を読んだことがあれば?
法律は難しい!
しかし読解力がない証拠でもあります。
もちろん専門家の言い分でしょうが、法律には読み方がある!
そのルールに従えば?
意外とスラスラ頭に入ってきます。
そのルールとは?
一般科目で当たり前な読解力です。
読解力は今日やって明日身に付くものではありません。
地道に一般科目を学ぶことが?
成功の鍵です。

◆記憶力を養えるから
行政書士の受験で一般科目が重要な理由は?
記憶力を養えるからです。
もちろん丸暗記すべきこともあります。
特に法律は、勝手に解釈してはいけません。
一方で理解しながら覚えることも有用です。
論語読みの論語知らず?
これも困ります。
行政書士の現場では?
覚えたことを素人にもわかりやすく説明する技術が求められます。
そんな記憶を整理する手段として、一般科目は使えます。

◆実際の現場で活きるのは
行政書士の受験では、専門科目である法令が大きな部分を占めます。
だからこそ専門分野の勉強に集中しがちです。
しかし実際の現場で活きるのは?
他人と同じ目線で物を見る!
他人と同じ発想ができる!
他人と同じ行動ができる!
小学校で学んだ一般知識なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP