行政書士と法律相談ができる

■行政書士とできる法律相談とは
法律関係の専門家は?
弁護士!
とはいえ法律にも様々あります。
弁護士も万能ではありません。
一方で他の士業にもそれぞれ得意分野があります。
例えば税理士なら税金関係。
社労士なら社会保険関係です。
では行政書士なら?
どんな法律相談ができるのでしょうか。

◆申請に関する相談
行政書士とできる法律相談の第一は?
行政に対する何らかの申請に関する相談です。
例えば飲食業を開店するにはどうするか?
まずは調理師免許が必要です。
そしてお酒を提供するなら?
場所が限定されるでしょう。
住宅街でも開いてよいのか?
細かい法律が関係してきます。
そのような法律についての相談をすることは可能でしょう。
もちろん厳密な意味での報酬を受けた法律相談はできません。
一線を越えてはいけないのです。

◆相続に関する相談
行政書士とできる法律相談の第二は?
相続に関する相談です。
もちろん遺言の作成は弁護士が担当です。
しかし行政書士なら財産目録を作ったり相続関係説明図などを作成できます。
当然その分野に明るい行政書士なら?
相続税関係の相談もできるでしょう。
ただしここでも一線を越えてはいけません。
あくまでも独占業務の続きとしての相談です。

◆トラブルに関する相談
行政書士とできる法律相談の第三は?
身近なトラブルに関する相談です。
例えば訪問販売に絡むクーリングオフの行使。
内容証明郵便の作成。
交通事故後の保険手続き。
また役所へ何らかの陳情をしたい場合にも?
行政書士は法律的な相談に応じることができます。
公的な契約書に類する問題であれば行政書士が対応できる範囲は広いでしょう。
まずは独りで悩まず気軽に問い合わせてみましょう。
何らかのヒントが得られるはずです。

◆成年後見制度に関する相談
行政書士とできる法律相談の第四は?
成年後見制度に関する相談です。
高齢化が進展している現状やノーマライゼーションの問題を考えれば?
成年後見制度は無視できない現実です。
もちろん成年後見制度は、行政書士の独占業務ではありません。
しかし現在では多くの行政書士がこの分野でも頑張っています。
自分の将来も?
どうなるかはわかりません。
自分で判断できる間に?
家族と一緒に行政書士と相談してみましょう。

◆身近な法律相談所です
厳密な法律相談をしたければ?
弁護士に頼むべきです。
しかし庶民に弁護士は?
敷居が高いでしょう。
そこで行政書士は?
身近な法律相談所でもあります。
もちろん越えられない一線はあります。
業として法律相談を銘打ってはいけません。
しかし気軽さが行政書士の持ち味です。
お互いに協力し合って、住み易い社会を作りましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP