行政書士と弁護士との違いは

■行政書士と弁護士との具体的な違いは
行政書士と弁護士との具体的な違いは何か?
わかりそうですが、ちょっと考えると怪しくなるかもしれません。
どちらも法律に詳しそうです。
お互いに難関資格です。
また書類作成のプロである点も、否めない類似点です。
では現実問題における違いはどこにあるのか。

◆代理人になれるか
行政書士と弁護士との具体的な違いは?
裁判の際、代理人になれるか否かです。
基本的に裁判で依頼者の代理人となれるのは弁護士だけです。
司法書士も一部の裁判では代理人になれます。
しかし制限があります。
なお平成26年に行政書士法が改正されました。
そこで行政書士に対して一部代理権が認められるようになりました。
とはいえ限定された事例のみです。
根本的な裁判への関わり方に大きな変化はありません。

◆仲介できるか
行政書士と弁護士との具体的な違いは?
契約書作成時に仲介できるか否かです。
もちろん行政書士の仕事は、書類作成です。
中には契約書の作成が含まれています。
最終的な契約書を作る!
この作業自体は、行政書士にも可能です。
とはいえ契約する両者を仲介したり内容について相談や提案をすることは?
行政書士にはできません。
ちょっとついでにお願い!
クライアントに頼まれそうです。
しかし法律上は?
やってはいけません。
あくまでも仲介業務は弁護士の担当です。
行政書士は書類作成に徹するしかないのです。

◆示談交渉できるか
行政書士と弁護士との具体的な違いは?
示談交渉ができるか否かです。
揉め事があった際、最終的な合意書を作成することは?
行政書士の職務でもあります。
しかし揉め事を仲裁することはできません。
つまり示談交渉は?
弁護士の特権です。
クライアントに頼まれて、和解書を作成することだけが行政書士に許されているのです。
歯痒い話ですが、それが法律です。
行政書士も法律家の端くれなら?
越権行為はご法度です。

◆法律相談できるか
行政書士と弁護士との具体的な違いは?
法律相談ができるか否かです。
基本的に報酬を受け取って法律相談ができるのは?
弁護士だけです。
もちろん行政書士は街の身近な法律相談所です。
しかし法律相談!
これを掲げては?
原則上いけないのです。
あくまでも行政書類の作成に関する話し合いです。
とはいえグレーゾーンは広いでしょう。
無料相談?
書類作成の説明!
そう銘打ってしまえば?
追求することもできません。
なお中小企業の顧問になれば?
雑談の中に法律が含まれている可能性は?
拒めません。

◆比べるべきではない
行政書士と弁護士との具体的な違いは多々あります。
とはいえ本来は比べるべき存在ではありません。
双方にやるべきことがあるのです。
それに徹することが大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP