行政書士が役立つと思うこと

■行政書士がいて役立つと思うことは
まさかの友こそ真の友!
日頃仲良くしている友達でも、肝心な時に助けてくれるでしょうか?
逆に普段は意識していない人が、意外に役立つ働きをした!
見直すこともあるでしょう。
男女の仲なら?
永遠のパートナーになるかもしれません。
行政書士も同じです。
例えば行政書士がいて役立つと思うことを考えてみましょう。

◆お店の開業時
行政書士がいて役立つと思うことの第一は?
開業に関する申請をしたい場合です。
これこそが行政書士の仕事です。
つまりお店を開くには様々な準備があります。
しかし肝心な営業のための申請を忘れた!
それが故に開店日が遅れるパターンがあります。
もちろん自分で申請することもできます。
とはいえギリギリになって?
書類が不備です!
そんなパターンもあります。
こんな不安が解消できるならば?
行政書士は役立つと思えます。

◆契約書の作成時
行政書士がいて役立つと思うことの第二は?
行政への申請が絡む契約書を作成する場合です。
秘密保持契約などであれば?
弁護士が役立つのかもしれません。
しかし行政に届を出すような建築関係などの契約は?
行政書士が働ける場です。
何らかの契約を結ぶ際には?
もちろん相手を信用することが大切です。
一方で客観的な第三者がいると?
後々のトラブルを防げます。
こんな災いを予防できるならば?
行政書士は役立つと思えます。

◆書類が書きづらい時
行政書士がいて役立つと思うことの第三は?
書類が書きづらいと感じた場合です。
かつては運転免許証の申請時における代書屋がありました。
当時は代書してもらう義務はありませんでしたが、手書きよりは?
和文タイプされた方がきれいです。
現在でも役所への届出書類に関して?
書きづらいと感じることが多々あります。
特に今後高齢化が進めば、理解しずらい?
文字が読めない?
多様なニーズが生まれそうです。
一見すると行政書士にお願いする費用は高く思えるでしょう。
しかし二度手間?
役所で待つ時間のロス!
こんなイライラを考えれば?
行政書士は役立つと思えます。

◆企業の経営時
行政書士がいて役立つと思うことの第四は?
中小企業を経営している場合です。
同業の仲間はいるでしょう。
しかし相談しづらい?
したくないこともあります。
また客観的な意見を聞きたいケースもあるでしょう。
そんな際に?
行政書士は役立つと思えます。

◆自分にとって役立つ
一方で行政書士は、自分にとって役立つのか?
つまり行政書士の資格を取っても役立つかどうかです。
もちろん本人の努力次第です。
誰かの役に立ちたい!
謙虚な気持ちがあるならば?
己の人生に必ず行政書士は役立つと思えます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP