未経験で行政書士を開業する

■未経験者が行政書士事務所を開くには
誰でも初めは未経験者です。
当たり前です。
この事実に対して謙虚に向き合うべきです。
しかし変に恐れてはいけないでしょう。
例えば行政事務の未経験者が行政書士の資格を取った!
事務所を開くには?
具体的にどうすれば良いのでしょうか。

◆行政書士事務所で働く
人間は失敗を繰り返して成長するものです。
とはいえ自分の失敗は他人に迷惑がかかります。
そのため業務に慣れるまでの間は、経験者の言動を観察しましょう。
一番良いのは?
どこかの行政書士事務所で働かせてもらうことです。
また法律事務所の行政事務担当?
そんなポストに恵まれるとラッキーです。
ちなみに今で言えばブラックバイト?
残業代なし?
低賃金?
休みも取れない?
法律系の事務所ではご法度でしょう。
しかし未経験者であれば?
実態はこんなものです。
働けるだけでもありがたい!
それをどのように捉えるか?
どんなことからも学ぶ姿勢がなければ?
これからの社会で行政書士として生き残ることはできません。
サラリーマンに戻りましょう。

◆とりあえず看板を掲げる
未経験者であっても?
行動を起こさなければ何も始まりません。
そういう意味では?
とりあえず行政書士事務所の看板を掲げましょう。
ただし初めから大袈裟にするか?
どんな事務所やお店でもそうですが、1年程度はお客さんが来ない!
それでも食べていける?
最低限の蓄えをしましょう。
安全策は自宅で開業することです。
とはいえ事務所は立地が案外重要です。
そこに行政書士事務所がある!
それを如何に知ってもらうか?
それが大切です。
初期投資をケチると?
後々響くこともあります。
覚悟が問われる点でもあります。

◆実績を作る
経験を積めば、未経験ではなくなります。
そのためとにかく実績を作る!
どんな小さな仕事でも、依頼があれば断らない!
自分にとって苦手な分野でも?
やることによって得意分野に変える!
仕事の幅を広げましょう。
初めは便利屋のようなパターンかもしれません。
それでもお客さんに対して真摯な姿勢を示せば?
口コミで伝わっていくでしょう。
今の社会では、口コミほど効果のある宣伝媒体はありません。
他人に宣伝してもらう!
無料です。

◆自信を持ちましょう
自信を持ちましょう。
とはいえ過信してはいけません。
この違いは難しいですが、勘違いすると?
悪循環に陥ります。
仕事は謙虚に確実に!
時にははったりも必要です。
なおただお客さんを待つだけでは時間の無駄です。
世の中の変化から遅れないように、情報収集を怠ってはいけません。
一方で業務に支障の出ない範囲で?
アルバイトをする!
電話番を雇う!
家族に手伝ってもらう?
一歩ずつ着実に進んでいきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP