始め系は行政書士の業務独占

■始める系の手続きは行政書士の業務独占です
士業には、業務独占が多々あります。
言い換えると独占業務をするために資格を取るのです。
資格がなければ、他人からお金をもらって仕事ができません。
ならば行政書士の業務独占は何があるのでしょうか?
例えば何かを始める系は、行政書士の独壇場です。

◆代書屋
行政書士における第一の業務独占は、代書屋です。
今の中高年以降であれば?運
転免許の取得や書き換え時、代書屋さんのお世話になったでしょう。
もちろん自筆で申請した兵もいます。
とはいえ当時は立ち並ぶ代書屋に頼むのが当たり前でした。
どの代書屋が速い?
正確?
優しい?
噂も流れました。
昨今ではそんな風景はありません。
しかし行政書類の代書屋としての業務は始める系の基本であり、現在でも行政書士の独占業務です。

◆開業手続き
行政書士における第二の業務独占は、開業手続きです。
自身の事務所を開設すれば理解できます。
何か仕事を始めようとすれば?
多くの申請書類が必要です。
お店を整える準備だけでも大変なのに、行政書類が待っています。
逆にこちらが通らなければ?
どんな立派なお店を作っても開店できないのです。
素人がやると二度手間三度手間も珍しくありません。
行政書士に頼めば?
お金はかかりますが、スムーズです。
自分は本業に専念できるのです。

◆会社の定款
行政書士における第三の業務独占は、会社の定款を作ることです。
会社を始める?
設立する際には、目的などを記した定款が必要です。
もちろん登記するのは司法書士の独占業務です。
一方で定款作りは行政書士の担当です。
会社をいくつも立ち上げた経験があれば?
定款も簡単でしょう。
しかし定款次第で会社が変わってしまいます。
業務が制限されてしまうことも稀ではありません。
実績のある行政書士にお願いするのが成功の鍵なのです。

◆契約書作り
行政書士における第四の業務独占は、契約書作りです。
契約書こそスタートです。
もちろん簡単な契約書であれば行政書士が立ち入ることはないでしょう。
両者で合意すればよいのです。
しかし行政への手続きが絡む契約書の場合には?
行政書士が関与します。
例えば建設工事の請負契約?
農地の賃貸借契約などです。
素人にはわかりづらい分野なので、専門家を交えた方が?
後々のトラブルを避ける意味でも賢明です。

◆いつまで業務独占でいられるか
複雑な世の中になりました。
いつまでも行政書士の業務独占でいられるか?
ライバルには弁護士や司法書士などがいます。
それでも独占業務を堅実にこなしていくことが?
行政書士としての信用を得るには不可欠です。
逆に他士業の業務独占へも介入できるのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP