問題集はどれを選べばよいか

■行政書士の問題集はどれを選べばよいか
勉強に際しては、ただ教科書を読む?
それだけでは不十分です。
もちろん行政書士なら法律文を覚える!
これは重要でしょう。
しかし具体的な事例が頭になければ?
まさしく論語読みの論語知らず!
諳んじることはできるけど、実際の意味を知らない?
つまり実例が示される問題集で学習するべきです。
ならば行政書士を目指す際に、問題集はどれを選べばよいのでしょうか。

◆スタンダードは専門学校系
行政書士の資格を目指したら?
まず考えるのは専門学校へ通うことでしょう。
実際に受講すれば?
テキストと併せて効率的な問題集を推薦してもらえます。
もちろん学校が発刊している本です。
とはいえそれは講習代に含まれていない?
素晴らしい商法に脱帽です。
担当する先生に効果的な学習方法を教えてもらいましょう。
なお通わなくても受付やロビーに行くと?
関連書籍のコーナーがあります。
街中の本屋さんでは売られていないタイプもあります。
時間の許す限り手にとって、自分に合いそう?
購入するのも一法です。

◆最新版を買う
都会であれば?
大きな本屋さんがあります。
行政書士の専用コーナーもあるでしょう。
とはいえ地方では本屋がない!
逆に今ならネット通販が可能です。
ただし内容をチェックできません。
買って損した!
多々ある不満です。
そこでお薦めの問題集は?
もちろん上記の専門学校が出す問題集です。
ネットで検索すればヒットするでしょう。
なおここで重要なことは?
最新版を購入しましょう。
古本を買う?安価は魅力です。
しかし違っても千円程度?
法律は日々新しくなりますし、事例は毎日のように作られています。
本気で行政書士を目指しているなら?
目先の千円をケチってはいけません。

◆的中率の高い問題集は
問題集は、大きく過去問と予想問題集に分かれます。
過去問は無料で提供しているサイトがあります。
そちらからダウンロードするのもよいでしょう。
一方で予想問題集は?
著者の腕の見せ所です。
類似問題が出ました!
本試験の後に発表があるものです。
そんな的中率の高い問題集がお薦めです。
それは何か?
どうしても著名な専門学校の書籍になってしまいます。
LEC、TAC、大原、伊藤塾などです。
言い換えるなら?
これらが出版する問題集は、買って損はありません。
コンパクトを売りにしている?
カラーが凝っている?
それよりポイントを外さないことが重要です。

◆1日1問
行政書士の資格を目指す人は?
仕事を持っているケースも多いでしょう。
そのため忙しい!
週末にまとめて勉強する?
もちろん勉強法は人それぞれです。
しかし1日必ず1問やる!
1ページ読む!
継続は力なり!
これは実際に開業してから生きてくる力です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP