効率的に見つける検索ワード

■行政書士を効率的に見つける検索キーワードは
行政書士を探す場合にはどうしたらよいでしょうか?
最も有効な方法は?
知人の紹介を受けることです。
身近に実績があれば?
信頼できます。
また共通の知人が間に入れば?
話も早いでしょう。
しかし心当たりがなければ?
今の時代なのでネット検索してみましょう。
とはいえ効率的に行政書士を見つける検索キーワードなど、あるのでしょうか。

◆「行政書士 検索」
行政書士を効率的に見つける検索キーワードの第一は?
「行政書士 検索」です。
これでクリックすれば?
もちろん検索エンジンによっても異なるでしょう。
とはいえ行政書士会の検索サイトに辿り着けるでしょう。
またそれ以外でも民間の検索サイトがヒットします。
そこから地域別に選ぶことができるでしょう。
意外と身近に行政書士がいることに気付きます。

◆「行政書士 (地名)」
行政書士を効率的に見つける検索キーワードの第二は?
「行政書士 (地名)」です。
つまり近くの行政書士を探したければ?
自分の住んでいる都道府県もしくは市区町村名で検索しましょう。
もちろん全国には同じ町や市の名前を有する地域があります。
その場合には「東京都北区」などと連続して入力すれば?
検索効率が上がります。

◆「行政書士 (依頼内容)」
行政書士を効率的に見つける検索キーワードの第三は?
「行政書士 (依頼内容)」です。
つまり行政書士に何を依頼したいのか?
開業手続きか?
相続関係なのか?
それを入力しましょう。
この理由は?
行政書士にも得意分野があるためです。
もちろん行政書士の看板を掲げていれば一通りの業務はできます。
しかし得手不得手があれば?
仕事の効率が違ってしまうのも否めません。
ちょっと場所は遠くても?
専門家の方が結果は確実です。

◆ダブルクォーテーションマークで囲う
行政書士を効率的に見つける検索キーワードの第四は?
半角のダブルクォーテーションマーク(”)で囲うことです。
例えば検索に際して「行政書士」だけ入力すると?
同じ書士である司法書士もヒットします。
しかし「”行政書士”」と入力すれば?
他の書士は除外されて行政書士が優先的に表示されます。
もちろん検索方法はいたちごっこです。
何とか検索順位を上げようと各サイトは知恵を出し合っています。
それでも選択肢を狭めることは可能です。

◆相談内容をまとめよう
ネット検索に際しては、複数のキーワードを羅列しがちです。
しかしあまりに多すぎると?
ポイントがずれてしまう可能性も否めません。
如何に的確なキーワードを入力するか?
これこそが検索時間を短縮するコツです。
そのためには行政書士にお願いしたい相談内容をまとめておきましょう。
そこから効率的なキーワードが生まれてきます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP