企業からの評価を受けるには

■行政書士が企業からの評価を受けるには
何事も自己満足ではいけません。
他人から評価されて?
初めて実力となるのです。
自分は評価されていない!
そう嘆く前に?
どれだけ真剣にやっていますか?
誰にも負けない努力をしていますか?
文句を言う前に?
自問してみましょう。
反省しない人は?
評価されません。
では行政書士が企業からの評価を受けるためには?
どうすれば良いのでしょうか。

◆真面目に尽くす
行政書士が企業からの評価を受けるには?
真面目に尽くすことです。
真面目以上に求められることはないでしょう。
自分は評価されていない?
しかし必ず誰かが見ています。
拾ってくれる時が来ます。
逆に悪いことも見られています。
世間は狭いものです。
評価されていないと感じた場合には?
自分の行いを客観的に考えてみましょう。
もちろん企業は、組織として捉えればシビアです。
必要以上のことをすべきではないのかもしれません。
とはいえ企業は人の集まりです。
あなたを見ている人が、必ずいます。

◆先回りする
行政書士が企業からの評価を受けるには?
先回りすることです。
例えば顧問をしている企業があれば?
その業界を調べて、今後求められることを提示してあげましょう。
もちろん上から目線ではいけません。
また要請があるだろうことを想定して?
多様な準備をしておきましょう。
チャンスを逃がしてはいけないのです。
まさかの時に手助けできる行政書士ほど?
企業からの評価が高くなるでしょう。

◆小回りを利かせる
行政書士が企業からの評価を受けるには?
小回りを利かせることです。
日本独特の慣習かもしれませんが?
組織となると動きづらくなります。
業界内で変な動きはできないものです。
しかし部外者である行政書士なら?
その隙間で動くことができるでしょう。
もちろん行政書士なら交渉事には法的な制限があります。
とはいえ機転を利かせる動きができれば?
企業からの評価は上がります。
そこから別な仕事を請けることもあるでしょう。

◆仕事の幅を広げる
行政書士が企業からの評価を受けるには?
仕事の幅を広げることです。
専門分野に閉じこもらないことです。
もちろん得意分野を作るべきでしょう。
しかし可能な限り深く広く!
絶対負けない業務を確実にこなす!
一方で不得意分野も積極的に取り組む!
企業からの依頼を受けた時?
「できません」
これは禁句です。
やり方は、請けてから考える!
高度経済成長時代の発想です。
とはいえ独立開業して生き残る上では?
不可欠の心構えです。

◆柔軟な発想を持ちましょう
行政書士が企業からの評価を受けるには?
柔軟な発想を持ちましょう。
時代の流れが速くなっています。
何かに拘っていると?
見捨てられてしまいます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP