オススメの行政書士テキスト

資格取得を目指すなら?
専門学校へ通うのがベストな選択です。
お金はかかるでしょうが、合格率は高いものです。
とはいえ仕事を抱えていれば?
都合よく学校へは通えない!
ならば独学すべし!
そこで行政書士の資格を取得する上で、オススメのテキストはあるでしょうか?

■専門学校で使っているテキスト
本屋さんへ行けば、様々なテキスト類が売られています。
とはいえどれを選べば良いか?
資格取得は、テキストで決まる!
過言ではありません。
そういう意味では、実績のある専門学校で使っているテキストがオススメです。
具体的にはLEC東京リーガルマインド
TAC
そして大原が使っているテキスト類です。
ちなみに専門学校へ入学しなくても、受付やロビーへ行ってみましょう。
本屋さんには並んでいない関連書籍が売られています。
それらの使い方に特徴はあるでしょうが、コンパクトにまとまっていたり、わかりやすい記述になっています。
誰にでもオススメできるテキストです。

■市販のオススメテキスト
街中の本屋さんで市販されている行政書士のオススメテキストは?
法律関係で著名な伊藤塾が出している「うかる!行政書士総合テキスト」
また藤井予備校の「行政書士過去問題集」
さらに東京リーガルマインドの「出る順行政書士重要事項総まとめ」などがあります。
なお通信教育系のユーキャン「U-CANの行政書士これだけ!一問一答集」は、小型なので狭い通勤電車内でも扱いやすいでしょう。

■六法や過去問も揃えましょう
行政書士は法律を知っておくべきです。
そういう意味では六法も揃えておきましょう。
例えば東京法令出版の「行政書士受験六法」
早稲田経営出版の「行政書士試験六法」などです。
六法は最新版を持っておくべきですが、最悪の場合?
古本屋で調達するのも一法です。
また過去問も用意しましょう。
受験であれば、傾向と対策を知ることが大切です。
独学の場合に陥りやすいことですが、出題形式に慣れていないと?
知識があっても回答の仕方がわからない?
採点者に意図が伝わらず玉砕!
稀ではありません。

■相性の合うテキストを選びましょう
とはいえ万人に適したテキストはありません。
図解された方がわかりやすい人もいるでしょう。
しかし焦点がぼやけて結局まとまっていない?
そんなテキストも少なくないようです。
そのため週末を利用して、ちょっと大きな本屋で実際に見て探しましょう。
自分の感覚で読みやすい!
続けられそう?
相性の合うテキストを選びましょう。
皆からオススメであっても?
それが自分にも合っているか?
これは別問題です。
なおテキストはボロボロにしましょう。
使い込むほど合格へ近づくものです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP