お願いできる貿易関係の業務

■行政書士にお願いできる貿易関係業務
一般庶民には関係ないでしょうが、行政書士は貿易関係の業務も守備範囲です。
もちろんどの行政書士でも?
とはいかないでしょう。
貿易に特化した行政書士事務所があります。
では具体的に、行政書士にお願いできる貿易関係業務には何があるのでしょうか。

◆輸出入許可の申請
行政書士にお願いできる貿易関係業務の第一は?
輸出入許可の申請です。
貿易に関しては「外国為替及び外国貿易法」
いわゆる外為法があります。
これに従えば?
貨物の輸出入をする人もしくは法人は?
経済産業省から許可を得なければなりません。
その際に適切なアドバイスそして申請書類作成の手助けをしてくれるのが行政書士なのです。
特に武器の部品となる可能性があれば要注意です。
一歩間違うと?
会社が潰れます。

◆倉庫業・運送業へのアドバイス
行政書士にお願いできる貿易関係業務の第二は?
倉庫業や運送業をしている法人へのアドバイスです。
今の時代は、ひとつの業種だけでは先行き不安です。
また余っている資産を有効活用したい!
そう考えることもあります。
そこで倉庫や運送手段を有しているならば?
貿易分野に進出するのも一法です。
もちろんリスクはあります。
しかしグローバル化の波は止められません。
一方でこの波に乗らないと?
本業も危うくなりそうです。

◆新規貿易業へのアドバイス
行政書士にお願いできる貿易関係業務の第三は?
新規貿易業へのアドバイスです。
例えば大規模な貿易ではなくても?
小さい物なら化粧品や医薬品の売買があります。
一方で中古の自動車や家電品などの貿易は?
ビジネスチャンスが広がりそうです。
なお貿易以外の法律が絡むケースでは?
弁護士などと相談すべきでしょう。
しかし基本的な知識を得たりリサーチする!
申請書類の作成であれば?
行政書士が適任です。

◆在留資格の申請
行政書士にお願いできる貿易関係業務の第四は?
在留資格の申請です。
貿易とは海外との取引です。
その際には外国の商人を招いたり通訳のできる外国人を雇う場合もあるでしょう。
とはいえ勝手に雇ってしまうと?
不法入国などの罪に問われる可能性も否めません。
すると芋蔓式に?
まっとうな貿易業にまで探りが入ってしまいます。
無用な心配を取り除くためにも?
専門の行政書士にお願いした方が賢明です。

◆国境意識を持ちましょう
何らかの商売をしていれば?
知らない間に外国製品を扱う場合もあるでしょう。
また自社製品が海外で武器に使われた!
そんなパターンも少なくありません。
法律は、知らなかった!
では済まされません。
島国の日本であっても国境意識を持つべきです。
ならば一度は行政書士に指導してもらうことをおすすめします。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP