JAについて

地方?に行くとメガバンクよりも身近な存在としてJA、いわゆる農協があります。
農村地帯は当然でしょうが、農協は様々なサービスを地域の人たちに提供しており、その中には学資保険もあります。
つまりJA学資保険(商品名:こども保険)は、現在では街中に住む人たちであっても、そしてサラリーマン家庭であっても利用することが可能な学資保険になっています。
時に農協もいくつかの組織に分かれていますが、学資保険などの保険商品はJA共済が扱っています。
ちなみにJAは協同組合、言い換えると非営利団体なので、JA学資保険のメリットとして掛け金が安いことが挙げられます。
またJA学資保険は他の保険会社の学資保険と同様に多様な選択肢があり、満期金を受け取れることはもちろんですが、小学、中学、高校の卒業時に一時金を受け取れたり、特約を付加することにより子供の病気や怪我、さらに保護者である契約者の万が一の事態に対しても相応の保障を受けることができます。
ただし掛け金が安いということは裏を返すと満期金が少ないということであり、JA学資保険では基本的な満期金額を200万円に設定しているので契約に際してはご注意ください。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP