NKSJひまわり生命について

保険業界も吸収合併、また合従連携などが多く、どこの会社がどうなったの?と思ってしまいますが、NKSJひまわり生命は2011年10月に日本興亜生命(NK)と損保ジャパンひまわり生命(SJ)とが合併して誕生した生命保険会社です。
そんなNKSJひわまり生命も子供達のための学資保険を有しており、名称はこども保険です。ちなみにNKSJひまわり生命の学資保険の一般的な商品は、小学校、中学、高校、大学入学時、さらに20歳の成人や大学卒業時に、それぞれ成長祝金と称する保険金を総額で200万円受け取ることができるタイプです。
他の学資保険と同様に子供に対する生命保険のような保障はありませんが、それを希望する方のために医療保険「健康のお守り」をセットにすることが可能です。
なおNKSJひまわり生命の学資保険は、子供が0歳の時から、もっと極端には出産140日前から加入できます。
反対に契約者は20歳以上、特別に扶養している場合以外では、祖父母が契約者になることができず、原則として親のみですのでご注意ください。
もちろん学資保険は子供が成長する際に必要なお金を貯めておくことが目的なので、結婚して子供?を考えた時から計画のひとつに加えたいものです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP