闇金の新手法「クレジットカードの現金化」

昨年、貸し金法が改定され、総量規制が施行されました。
この総量規制により、クレジットカードでのキャッシングが利用出来なく鳴った人も少なく内のではないでしょうか?
そこで、闇金業界では新しいスタイルの高利貸しが蔓延していると言います。
それはズバリ「クレジットカードの現金化」。

キャッシング枠は停止状態や一杯で使えない状態にあっても、ショッピング枠なら空きがあるという人も少なくない事でしょう。
このクレジットカードの現金化と呼ばれる手法は、そのショッピング枠で買い物した物品をその場で現金買い取りしてくれるというもので、後々の返済は、闇金業者に出はなく、クレジット会社に行なう事になります。
という事で、一見とてもお手軽で安心安全なような気すらしてしまうんですよね。

例えば、今すぐまとまったお金が欲しいと思うと、この手法を取り扱っている闇金業者に連絡します。
そして、支持通りに、手持ちのクレジットカードを使ってショッピングします。
業者が指定して来る商品を指定の金額だけ購入する訳ですが、大体新幹線のチケットやノートパソコンなどを要求される事が多いようです。
何故なら、こうした商品はその場での手渡しや輸送が簡易で、ネットオークションなどを使って裁く事も出来るからです。

例えば、言われるがママに10万円のノートパソコンをカードで買ったとしましょう。
闇金業者は、それを8万円ほどで買い取ってくれます。
基本、差し引かれた2万円が手数料と利息という事ですから、後々闇金業者からの厳しい取り立てにあう可能性は極めて低いのですが、考えてみて下さい。
10万円借りて2万円の利息とはとんでもない額です。
おまけに、今後手元にはカードの支払いも残ります。
分割払いで購入していれば、その利息や手数料も加わり、実際の返済額は、元金を遙かに上回ってしまうのです。

一方、闇金業者はというと、8万円で買い取った商品を9万円で手放せば、そこに利益が生まれます。
勿論、商品は手つかずの新品未開封状態なので、電化製品などならメーカー保証も付いてますし、いい値段で売れるんですよね。

こうした新しい闇金の手法、クレジットカードの現金化、出来る事なら知らずにいたいものですね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP