闇金の利息の種類

"おまえの臍繰りは立派な闇金だ?!!"などと、よく主人に言われます。
理由は簡単、パチンコですぐに財布の中身が乏しくなってしまう旦那に、自分のパート代の中から小金を貸しては、次のお小遣いから利息付きで差し引くからです。

でも、家庭内だからまだ、こんな冗談が言えるような状況なんですよね。
これが本物の闇金業者相手だったら、今ごろ利息だけでもいくらになっている事やらですよ。

昔はよく、「闇金=トイチ」などと言われていました。
ほら、人気Vシネマの「ミナミの帝王」、あれなんかは、その典型的例ですね。
でも、そこは流石は萬田銀次郎!!大阪のミナミで金貸しをしている割には、まだまだ良心的と言いますか、人情が溢れていると言いますか・・・。
とにかく、今のご時世、トイチで即日有ししてくれるような闇金なんて何割位あるんでしょうね。

10日で利息3割の「トサン」と呼ばれる闇金や、10日で利息5割を取られる「トゴ」と呼ばれる闇金、されには10日で10割の利息を付ける「トントン」金融も少なくありません。
トントンとは実によく言ったもので、10日で10割の利息という事は、今日借りた5万円が、10日後には10万円!!そう、返済額は元金とちょうどトントンの2倍になるのです。

また、このトントンと全く同じ計算でお金を貸す「アスイチ」なる闇金もあります。
これは次の朝になれば利息が1割増えるというシステムで、確かに今日借りて明日返すなら、トントンよりずっとお得という事にはなりますが、10日間借りれば全く同じですからね、いずれにせよ、安心金利の消費者金融とは言えないでしょう。

このように、今や闇金の貸し出しスタイルや利息にかんする制度は多種多様になって来ています。
いずれも法令上問題があるのは事実ですが、法律に基づいたお金の貸し借りでは生き延びられない人が急増している昨今、益々闇金は知恵尾絞って、そういう人たちの救世主のふりをして行くんでしょうね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP