闇金のプライバシーポリシー

平気でプライバシーを侵害し、容赦ない取り立てを行なう闇金ですが、一応彼らもそれなりに、プライバシーポリシーというものを掲げています。
だったら、職場に連絡して来たり、家族を脅したりするのは、ルール違反なのではないかと思われる事でしょう。

しかし、そもそもプライバシーポリシーというのは、個人情報に関する取り扱い方針を明確にした書面とでも言いましょうか。
多くの場合、取得した顧客の情報は、その個人との取引に使いのが最大の目的であって、後はどうしても自社の運営上必要な部分は活用するが、それ以外は一切使用せず、外部に漏らしたり提供したりもしないというものです。
インターネット上の会員登録画面やショッピング画面でよく見かけますね。

実は、この個人との取引や自社の運営上どうしても必要とあらばという部分が非常に重要で、闇金との取引は、お金を借りて、それを返す事に他なりません。
ですので、それが滞りなく進行していれば問題ないのですが、もし中断してしまえば、彼らは返済を求める権利を持っています。
そこで、職場に電話して来たり、家族にコンタクトを取ったりする訳です。
当然、これは取引の一環であって、自社のビジネス運営上も必要な行為だと主張します。
おまけに、住所や氏名と言った個人情報を見ず知らずの人に漏らしているのではなく、むしろ、知っている人にアクセスしているのだからルール違反なんてとんでもないと言われればそれまで!
いくらプライバシーポリシーが掲げられていても、その内容を逆に利用し、恐ろしい取り立てをして来るという事を知っておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP